10月29(火)〜31(木)に吹田市役所正面ロビーにおいて吹田市精神保健福祉パネル展が開催され、吹田市断酒会も共催に名前を連ねて、パネルを展示し、啓発活動を行ないました。
 「断酒宣言の日」飲酒運転根絶キャンペーンのチラシ・ティッシュも用意して、断酒会の存在をアピールするとともに、会員が交代で常駐し、酒害相談にも対応出来る体制をとりました。
 3日間で8人の方と時間をかけて突っ込んだ話が出来ました。
 毎年3月に開催される「ハートふれあい祭り」への参加とともに、行政、保健福祉各団体と連携する形が形成されてきています。

 

 例年通り、「忘年例会」(12/22)、「晦日例会」(12/30)、「大晦日例会」(12/31)、「元旦例会」(1/1)を行なった。
会員・家族に加え、朋友、入院中の仲間や一般の方々が加わり、和やかな中にも参加者の「断酒新生」、「回復」に向けての真剣な表情が印象的だった。

 高槻市長からのメッセージ・行政・医療関係者からの温かい助言や力強い支援は我々、断酒会会員・家族にとっても大きな励みとなった。
「アルコール健康障害対策基本法」の制定、大阪府断酒会の一般社団法人への移行等環境が変わろうとしている中、今西会長の発する「今まで以上に地域に密着した活動を行なっていかなくてはいけない。」の言葉どおり、断酒会の個々の行事も内部だけの催しでは済まなくなってくることを自覚して、より一層活発な活動を行なっていきます。

 *** アルコール健康障害対策基本法:(アル法ネットのホームページご参照)

 

「断酒宣言の日」の11月10日、第40回高槻市断酒会一日研修会が開催されました。
 濱田高槻市長を始め行政・医療関係者も多く列席する中での体験談主体の研修会、今回から別室での研修として8回目となる北摂断酒連合会家族会研修会に加えて、第1回アメシスト例会を実施しました。

 冒頭に今西完治会長(北摂断酒連合会会長)から「後に続く人たちのために我々が今、何をしなければならないのかをよく考えて行動していかなければならない。アルコール健康障害対策基本法制定に向けて頑張っていこう。」との挨拶があったとおり、断酒会を巡る環境が大きく変わろうとしている現在、組織力をつけるために会員・家族の実力を涵養していく取り組みが行なわれています。

〈高槻市断酒会一日研修会〉

「断酒宣言の日」に研修会を開催

【元旦例会】
 :今西会長の
挨拶

 

【忘年例会】
 :家族揃っての合唱♪

啓発活動2013年度

〈吹田市精神保健福祉パネル展〉

     



 11月4日(月)、北摂断酒連合会の「断酒宣言の日」飲酒運転根絶キャンペーンをJR高槻駅前で実施しました。
 参加者は各断酒会からの会員家族総勢24名。
 チラシとティッシュを配りながら、例年の飲酒運転根絶へのアピールに併せて、今年は間近に迫った「アルコール健康障害対策基本法」成立への協力要請を訴えました。

「地域に密着した活動を!」

 ** アメシスト:「酒の神バッカスのお供の獅子の餌になりかけたアメシストという 名の女性が命乞いして祈ると、白い石になってしまいました。哀れに思ったバッカスが手に持っていたぶどう酒を石に注ぐと、紫色に輝く石−−アメシスト-- に姿を変えました。」このようなギリシャ神話から由来して、断酒会でアメシスト という名称が女性酒害者の呼称として使われるようになりました。
   (大阪府断酒会のホームページより引用)

  断酒宣言の日:昭和38年11月10日に高知で全日本断酒連盟が結成された ことを記念して、平成19年に制定されたもの。
   (全日本断酒連盟のホームページご参照)

 

〈高槻市断酒会平成25年度年末年始行事報告〉

【高槻市断酒会】

酒害相談にも対応しました

【高槻市断酒会】

〈「断酒宣言の日」飲酒運転根絶キャンペーン〉

〈来場者への説明〉

〈断酒会コーナー〉

〈パネル展の会場〉

【北摂断酒連合会】

【吹田市断酒会】

今年も奮闘しました