※2013年度の活動

 8月3日、高槻市民会館で『日々新たに』をテーマに開催しました。
 「北摂断酒連合会一日研修会は、連合内会員・家族の交流を通じての研修の場である ことを確認しておきたいと思います。」との今西完治連合会長の挨拶のとおり、『きづな会』、『一時間例会』の場での仲間への働きかけ、今春から新阿武山病院での開催も始めたアメシスト例会での交流と日頃の啓発活動の成果が試される研修会でもありました。
 今回からは家族も「受付」や「司会」を担当し、運営に深くも関わりました。その週に開催された反省会で不具合点、改善点の拾い出しを行いましたが、次回は家族も「進行」をやってみたいとの声が出てくるなど当事者意識の高揚が感じられました。
 外へ向けた活動のウェイトが増してくることが予想される今、出来るだけ多くの会員・家族が個々の行事に参画し、着実にこなしていくことで、一丸となった組織の力を発揮していくであろうことを認識出来た一日となりました。

啓発活動2014年度

坂本満氏の記念講演



  〈平成26年度年末年始行事〉





〈断酒宣言の日キャンペーン〉

<役員一日勉強会>

 平成26年度の北摂断酒連合会役員一日勉強を3月8日開催しました。
アルコール健康障害対策基本法に拠る具体的施策が展開される時期を見据えながら、その施策が断酒会にどのように関わってくるのか、また断酒会はどういう動きをしていくのかについて、質疑応答を交わしながら、参加者は理解を深めました。
 今後、啓発活動の機会増大が予想されるなか、それに対応するための
断酒会活動の見直し、また組織拡充のための具体策について各自の意見の摺り合わせを行ない、認識を確認しあいました。






例年の「忘年例会」(12/21)、「晦日例会」、「大晦日例会」、「元旦例会」に
加え今年から「特別例会」(12/29)も開催した。「元旦例会」では今西会長
より「アルコール障害対策基本法」に関連して「保健所との定期会議」が
スタートする事、予防段階からの啓発活動として教育委員会への働きかけ
を行っている事等の活動報告と今年の方針として「参加者のニーズに合わ
せた例会作りの為に支部例会の仕組みを変えて昼例会を増やす事も検討
したい」と述べ、今年は変革の年、みんなの力を集結して乗り切っていきた
いと挨拶があった。「高槻の年末年始の例会」は多くの方々が楽しみにされ
ており、アルコール関連問題で苦しんでおられる方々の受け皿として、会員
家族力を合わせて続けてゆきます。

 4月6日、北摂断酒連合会文化部主催の花見例会を高槻市の「アクアピア芥川」で行いました。前日からの雨は当日になっても降ったり、止んだりの状況でしたが、会員・家族40名は満開の桜の下でバーベキューも実施して、春を満喫しながらの屋外での交流を楽しみました。
 平成26年度は大阪府断酒会が一般社団法人へと移行し、「アルコール健康障害対策基本法」も施行されます。従来にも増して幅の広い断酒会活動が求められる中で、連合会員・家族の連携を推進し、文化部活動の活性化と多様化、「ソフトボール北摂連合チーム」の躍進を皆でこれまで以上に強力にに支援していくことを確認しあいました。

 3月15日に高槻現代劇場で開催された同大会に北摂断酒連合会からも
多くの会員・家族が参加しました。テーマ『心をつなぐ』に沿っての体験発表、
断酒記念品贈呈、医療現場からの報告、来賓祝辞の後、新阿武山病院医
療福祉相談室坂本満氏が記念講演「きづな会と地域断酒会・AA」で”心をつ
なぐ”ことの大切さを熱く説かれました。
 「アルコール健康障害対策基本法」が施行されて10カ月、その具体的施策
展開に向けて、地元医療施設である新阿武山病院、新阿武山クリニックとの
連携を強めながら、アルコール関連問題啓発活動にさらに取り組んでいく気
持ちを新たにした一日となりました。




【北摂断酒連合会】

石原和雄(高槻市断酒会)きづな会会長の挨拶


【高槻市断酒会】

写真は【元旦例会】(今西会長の挨拶)

〈第23回北摂断酒連合会一日研修会〉

〈花見例会〉




































【北摂断酒連合会】

11月3日、「断酒宣言の日」統一行動のキャンペーンを実施しました。
例年どおり「飲酒運転の撲滅」を訴えるとともに、今年は6月に施行された『アルコール健康障害対策基本法』で定められた「アルコール関連問題啓発週間」についてアピールし、この週間を契機として、国民のひとりひとりが、アルコール関連問題に関心と理解を深め、健康障害の予防に注意を払っていくようにしてほしいことを呼びかけました。
なお、この活動状況は地元高槻市のホームページにおいても紹介されることになっています。

<きづな会創立45周年記念大会>New